頸椎ヘルニアについて


頸椎ヘルには『頸椎椎間板ヘルニア』と呼ばれ、7椎の間にある椎間板(クッション材)が押しつぶされはみ出た状態である。
特に下部頸椎に起こりやすく、動作時に飛び出た椎間板が神経を圧迫し、上腕~指先までシビレや脱力感を引き起こします。
原因は、内的要因と外的要因に分けられます。

【内的要因】 加齢と共に椎間板の水分が減少し、弾力性が無くなり衝撃や運動によって過度の負担がかかる。
【外的要因】 交通事故やスポーツなどで急速に外力から力が加わった時(むち打ち症)

改善方法
頚部周囲の血行を良くし(温熱療法)、筋肉を緩和させる(手技)

※頭部が前に落ちる姿勢(デスクワーク等)は、頚部に約5~6kg負担をかけます。