この脚、もしかしてO脚・X脚なの?


鏡で自身の脚を見て左右の間が大きく開いていると思ったことはありませんか?そう思われる方は実はO脚かもしれません・・・
日本人は多くがO脚だといわれています。

O脚には大きく3つのパターンがあります
1.股関節~下腿部にかけてのO脚
2.膝~下腿部にかけてのO脚
3.両膝はつくが下腿部が外側に開くXO脚(若い女性に多い)
皆さんはどのパターンのO脚ですか?実は上記のO脚と筋肉には密接な関係があるのです!

【 原因 】
○病的なものや変形によるもの。
○足を内転させる筋肉の『内転筋』の衰えが最も多いです。
○内転筋は意識しないとどんどん使えなくなっていきます。
 元々外側の筋肉の方が強い為、内転筋が弱っていると外側に引っ張られてしまいます。
※O脚の原因としては、お尻から外側の筋肉が外側に引っ張り徐々に脚が開く事により骨盤も開き、O脚を作るのです。

≪注≫
・O脚を放っておくと見た目が悪いだけではなく、様々な症状を引き起こします。
・膝の関節へ捻れによるストレスを与え続けることで膝痛、『変形性膝関節症』
・脚が外側へ開く為、重心も外側に乗るので着地時に各関節がグラつく(足首の捻挫をしやすい)
・その他、股関節や腰の痛み等がO脚からくる二次的障害です。さらに下半身のバランスが崩れ、
 『骨盤の歪み』『下肢のむくみ』『冷え性を引き起こし、脂肪が付きやすい体』になってしまうのです。

【 対処・改善 】
まずはご自身が内転筋を使えてるか否かを簡単にチェックしてみて下さい。

1. 鏡の前に真っ直ぐ立ち、1分間程その場で足踏みをして下さい。
2. 脚を上げる高さは股関節が90度になるくらいまで上げて下さい。
3. その際だんだん膝が外側を向いて上がっていませんか?
4. 外側に開いてきた方は内転筋が弱ってしっかり使えていないと思われます。
  このような状態が常に通常歩行時にでも起こっていると考えて良いでしょう。
  内転筋を使うには意識しないと難しいのが現状ですが、少しずつ頑張れば必ず筋肉は付きます!

■ご自身でのケアとしては・・・
普段立っている時に股下から膝を閉じるようにして下さい。
ここで大事なのは膝を合わせるだけではなく、股下からしっかり閉じるのがポイントです。
(やりにくい場合はドッチボール位の大きさの柔らかいボールを内ももで挟むとやりやすいです)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆当院では、、、

○捻れの元となっている筋肉をほぐして緩めていきます。
○骨盤~足首にかけての捻れ、歪みを整体の手技を使用して調整します。(程度によって各部位のサポーターもご用意しております。)
○無理なくストレッチ、運動療法、プチ筋トレを共に行います。
○日常生活での注意点や簡単な運動法をお伝えします。

◎当院で改善するプラン・メニューは、こちらです

☆O脚の原因となる内転筋を強化するのは大変ですが、健康美脚を目指して一緒に頑張りましょう☆