脚のシビレについて・・・


シビレとは神経症状の一つです。わかりやすいものでは「正座を長時間していたら、足がしびれて立てなくなった」というものです。
この場合は一時的なものなので心配ありません。しかし「しびれが足の片側だけにある」ものや、
「前触れなく突然起こる」もの、「原因不明」なものは注意が必要です。

【 原因 】

〇末梢神経の圧迫
〇血行不良・冷え
〇筋肉・腱の疲労
〇病的なもの(脳・血液)etc.

【 症状 】

〇触った感覚が鈍くなる
〇動かしにくい・力が入らない
〇ビリビリ・ジンジン・ズキズキするetc.

ほとんどの場合、痛みとは違って「ちょっとおかしいな」くらいの、日常生活にさほど支障がないような感覚なので、
放置してしまうことが多いです。しかしその症状は痛みよりも重い身体の異常サインなのです。

~~足のしびれに関係が深いもの~~

腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
腰椎すべり症
変形性腰椎症
坐骨神経痛etc.

主に「腰痛」を引き起こすものですが、症状が進むと神経を圧迫し、足のしびれを引き起こすこともあります。

【 改善・予防 】

そもそもどうしてヘルニアや坐骨神経痛になるのか?それは身体が歪んでしまうことにあります。
長時間の同一姿勢等で周囲の筋肉が緊張しすぎる、あるいは筋力が低下してしまい、バランスが崩れ関節が
硬くなり身体は歪んでしまうのです。特に腹筋の筋力低下、骨盤・股関節の動きが悪くなることで
負担は大きくなります。

腰・股関節周りのストレッチをする
大股で歩く
お腹を意識的にへこませるetc.

必要な筋肉を付け、柔軟性を上げれば、足にしびれが起きるなどの症状の進行は防げるのです。
冷えも大敵です。腰・足を冷やさないようにお風呂にしっかり浸かったり、患部をカイロなどで温めたりしましょう。
循環が良くなることでも症状は緩和させることができます。
                                         
当院では・・・
症状に応じて元になる原因を探り、関連した筋肉をほぐして緩め、ストレッチで固まっている深層筋を伸ばしていき、
運動療法等で関節の可動域を広げることで、更に身体の末端まで血流を良くします。
普段忙しく、なかなか身体のケアが出来ない方にも、簡単なストレッチや体操、筋トレ、
日常の姿勢や身体の使い方、予防法等をお伝えいたします。

『しびれ』は決して軽い症状ではありません。『痛み』よりも『しびれ』や『感覚が鈍い』
と言った症状の方が重篤なのです。
「日常生活には支障ないから」と我慢せずに、少しでも身体に異変を感じたら、お気軽にご相談ください。