シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)


~シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)~


【 解剖学的見解 】
シンスプリントは、運動時および運動後にふくらはぎに痛みが出現するスポーツ障害です。
後脛骨筋、長母趾屈筋、長趾屈筋、ヒラメ筋の脛骨起始部に
繰り返し加えられたストレス(ジャンプやランニング)による骨膜の炎症反応からくる痛みです。
疲労骨折との鑑別診断も必要となります。

【 原因 】
1、トレーニング内容
長時間の練習や急激な練習量の増加。

2、柔軟性低下     
筋肉や腱の柔軟性低下(特に足首)

3、身体的素因     
足部アーチ低下(偏平足)・回内足(脛骨内反)

4、         
クッション性の悪い靴

5、路面        
不整地・硬い路面

【 治療 】
急性期:
局所の安静(トレーニング中止)やアイシング。

安静期:
股関節や足関節、アキレス腱を中心としたストレッチやマッサージ。筋、腱のトレーニング(タオルギャザーやチューブトレーニング)
軽度のランニング開始(短い距離やランニング時間短縮)

◎この症状で現在お辛い(急性・亜急性期)方は、こちらになります。
◎当院でのお体改善向上プラン・メニューは、こちらになります。