脊柱管狭窄症(腰部脊柱管狭窄症)


脊柱管狭窄症とは、脊柱管には、脊髄・馬尾神経が通っています。

腰部の脊柱管が、何らかの原因(スポーツや日常生活)で狭くなり、

脊柱管の中にある神経が圧迫され、痛みや痺れを誘発されます。

一般的には50~70歳代が多く発症する傾向ですが、若年層でもたびたび診うけられます。

また、脊柱管狭窄症での特徴的な症状は、間欠性跛行です。

間欠性跛行とはしばらく歩くとだんだんと下肢(足)が痺れたり重くなったりして歩くことが困難になります。しかし腰を掛けたり屈めたりすると症状が緩和します。

脊柱管狭窄症では、タイプが3タイプあります。

【神経根タイプ】

左右のどちらかの神経根が圧迫されると、圧迫された側に、腰から下肢にかけて痺れや痛みが発生します。

【馬尾神経タイプ】
馬尾神経が圧迫されると下肢の痺れや脱力感、 
 便尿が出ない我慢できないなどの『排出障害』が起こったりと
神経根タイプより症状が重いタイプです

【混合タイプ】
上記の2タイプの症状が合わさります。比較的に稀ですが
症状はかなり重たいです