坐骨神経痛


坐骨神経痛とは?
☆原因について☆
坐骨神経は、お尻(臀部)の筋肉(梨状筋)から太もも裏(大腿後面)の真ん中を下り、
ひざ裏で2本の神経に分かれます。
(総腓骨神経、脛骨神経)
長時間のデスクワークや同じ姿勢が続くと、梨状筋や大腿後面の緊張が強まり、
大腿後面~足先にかけて痛みやシビレを引き起こします
☆症状☆
主な症状では、大腿後面~足先のシビレ、腰痛(特に下部腰椎)
他に、『脚が上がらない』『冷えや引きつり感』
ひどい場合は歩行困難
☆治療方法☆
急性期:
安静を保つために、過度な運動を控える。また患部の血行を保つために、マッサージなどで、冷やさず温める。
回復期:
腰~臀部(下肢)の柔軟性及び機能回復の為、
リハビリや関節運動
☆予防について☆
腰~下肢の柔軟性を保つためには適度な運動(歩行)やストレッチが必要です。
適度な運動を行う上で捻る動きがあるとGoodです!!
捻る動きには内・外腹斜筋(わき腹)や内臓に近い腹横筋が使われます。