ギックリ腰(俗称)=急性腰痛


多くの方が過去に一度は経験しているのでは?と言うくらいよく『ギックリ腰』と言う言葉を頻繁に耳にし一般的に浸透している
言葉ですが、正しくは「急性腰痛」もしくは「腰部捻挫」と言います。

【 原因 】
○腰を支点に体を動かす・・・・・・・・・・・・(物を持ち上げる、靴下を立ったまま履く等)
○常に背部~腰部の筋肉が緊張している・・・・・(長時間同一姿勢での生活)
○くしゃみ、咳・・・・・・・・・・・・・・・・(一瞬にして体に力が過剰にかかる)

【 症状 】
○酷い痛みの時は、熱をもっています。
○腰が痛みを伴い動くことができない
○お腹に力が入りにくい等

上記のような原因と症状を一般的に『ギックリ腰』と言っています。原因は様々ですが常日頃、背中・腰・臀部・大腿の筋肉が
硬くなったところへ、瞬間的に負荷が掛かり損傷した状態です。
『ギックリ腰』の正体は関節・靭帯の痛み(捻挫)や筋肉の痛み(挫傷)なのです。

【 対処・改善 】
○腰に熱をもっているようなら冷やしましょう。アイスノンや氷のうで患部を十分に冷やします。目安は15分程度で凍傷に気を付けて下さい。
その後鎮痛消炎剤入りの湿布を貼ると効果的です。
○患部に熱を感じなくても奥で炎症が起きている場合がありますので、温めることは避けて下さい。
○無理にストレッチ等を行うことは避けて下さい。炎症が強まる恐れがあります。

※上記の事に注意し、しっかりした処置をご希望の方は整骨院へ、レントゲン撮影や痛み止めの処方をご希望の方は
 整形外科で早めの受診をお薦めします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
当院では、、、
▶急性期・・・・・

保険診療で対応できます。詳しく症状を確認した後に安静を保つ為に必要な処置(キネシオテープ・サラシ・他固定)を行っていきます。

▶▶回復期・・・・

症状が落ち着いたら筋肉をほぐして緩めます。原因を追究し今後の予防法の指導やストレッチ、運動療法を加え症状の改善と簡単な筋トレや体の使い方をお伝えさせて頂きます。

▶▶▶予防期・・・

腰周りの筋肉が凝り固まり、柔軟性が失われた状態が続くと筋肉や関節は傷んでしまいます。柔軟性をより維持するためには正しい位置でのストレッチや筋肉トレーニングが必要不可欠です!!
当院では皆様の体の現状を把握した上で、最適なトレーニングやストレッチ等をご提案し個々の目標に向かってサポートさせていただきます。

《注意》
酷い痛みであっても3日間程安静にしていれば徐々に痛みは軽減してきますが、腰の筋肉の緊張は残ってしまいます。それを放置しておくとまた近々『ギックリ腰』を定期的に繰り返す恐れがあります。
再発を防止するには痛めた後の治療をするか、放置するかで大きな差が出てきます。

◎この症状で現在お辛い(急性・亜急性期)方は、こちらになります。
◎当院でのお体改善向上プラン・メニューは、こちらになります。

☆ギックリ腰を繰り返す体にならない体作りをしましょう☆