腱板損傷


概要
肩の深部にある回旋腱板(肩を動かす際に使う筋肉)という腱性組織の損傷で、この腱板が上肢(腕)を上げたりした際に、骨と骨の間で挟まれ、
炎症を起こします。
構成される筋肉は、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋です。
原因
 日常生活動作の中で、加齢とともに腱板が弱くなったり、
 肩の使い過ぎ(ピッチング動作)があります。
 また肩を強く強打した際(転倒など)、腱板が痛み切れてしまうことがあります
症状
初期では、炎症が起こり(熱をおびたり腫れたりする)
腕を上げることが困難。また転倒などで腱板が切れた場合は腕を真横に
上げてることができない。しばしば夜に痛み(夜間痛)損傷した肩を下にして寝れない。
治療
 急性期:炎症を取り除くため患部を冷却し、動かさないように固定します。
     (包帯固定やテーピング固定) 
 回復期:肩関節の柔軟性及び機能回復の為、マッサージやリハビリ(関節運動)