『四十肩』・『五十肩』(肩関節周囲炎)


大半の方が耳にした事がある『四十肩』
『四十肩』・『五十肩』と言っていますがこれは俗称で、傷病名は
『肩関節周囲炎』といいます。

四十肩

四十肩

【 四十肩・五十肩への道のり 】

①大きく分けて「腱板」と「上腕二頭筋長頭腱」部とあり、主に長期間(長時間)の使い過ぎ・使わな過ぎ・反復運動など
筋肉や腱などの柔軟(伸縮)性減少・萎縮・組織上の変性⇒ ≪ 退行性変化 ≫が起きてきます。
※退行性変化とは、加齢等による組織の恑弱化と、肩関節の運動や腱の肥厚などから摩擦が起きて『腱炎』を発症する。
 もしくは、腱板などの『石灰化』=こちらの方がやっかいです!レントゲンにも写ります。

②次に関節を取り囲んでいる関節包に炎症が起き始めると、痛みも強くなり関節の可動域(動く範囲)も減少していきます。

③最終的には、炎症により組織が癒着していき回復までに数か月~数年かかることもあります。(個人差はあります)

【 四十肩・五十肩の主な症状 】

①患部の痛み
>>肩関節の前方(特に多い)・側方・後方・全周にわたり発生。
⇒さらに症状が重い方は、     
肩から肘までの痛み( 放散痛 )
夜中に痛くて眠れない( 夜間痛 )
※夜中、ズキズキと関節の中が疼く様な痛み

②運動制限
>>主に肩関節全方向への運動制限が著しい
髪を結ぶ動作(結髪)や帯を結ぶ動作(結帯)で痛む
腕を上げたり、斜め(後上方)への動作で痛みが強く発生

③神経症状
>>筋肉の萎縮・圧迫などによる神経・血行障害
頚部(首)にかけてや肩~腕にかけての神経痛や痺れ

【 主な改善方法 】

①関節の運動
急激な運動に関節はついていきません、最初は小さな運動を繰り返していき、徐々に大きな運動へと変えていきます。

②関節を温める
安静にしていてもズキズキしている場合は、最初のうち冷やして下さい。長い間(期間)冷やしてしまうと硬くなることもあります。
お風呂やカイロで温めたり、サポーターで保温したりして冷やさないようにして下さい。

③各種マッサージや鍼灸も効果的です!!


結論から言いますと、
『 温める=血行を良くする』
『動かす=血行をよくする+筋肉を伸縮させる 』
です。
<< ズバリ!保温と運動です >>