円背=猫背とは?


脊柱(背骨)は本来緩やかに頸椎(前弯)、胸椎(後弯)、腰椎(前弯)とS字のカーブを描いています。その背骨の胸椎部分が過度に円くなっている状態が『円背/猫背』と呼ばれる『脊柱後弯症』です。

【 原因 】
○生まれつきのもの(先天性後弯症、発達障害)
○加齢によるもの(脊柱の変形、骨粗鬆症、など)
○日常生活における長時間の同一姿勢や姿勢不良からなるもの

【 症状 】
○頸椎の前腕により顎が突き出て肩こりになりやすく、『寝違え』や弯曲が少なくなと『ストレートネック』
移行しやすくなります。
○胸郭が広がらなくなることで、呼吸が浅くなり全身が硬くなりやすくなります。
○肩が前方に巻き込んだ姿勢が長く続くと、腕のシビレ・力が入らなくなる等を引き起こしてしまいます。
○腰椎の前弯により骨盤が前傾することで慢性腰痛になりやすく、『ギックリ腰』へ移行していきます。

【 対処・改善 】
○まずは胸と脇の筋肉が縮んでいる為、柔軟性を上げるようにストレッチをしていきます。
○次に背中の筋肉は常に引っ張られている為、肩甲骨を寄せるように動かしていきます。
○その後、姿勢を保つ筋肉(脊柱起立筋)が硬い為、捻るストレッチをしていきます。

※上記のストレッチや運動をする際は、用量用法に注意して行わないと怪我の原因になってしまいます。
 スタッフまでご相談ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
当院では、、、
まず日頃の姿勢を見直し、認識し改善することから始めます。

例えば・・・
椅子に浅く座り背もたれに寄りかかる姿勢は骨盤が倒れてしまいます。
それに加えデスクワークやPC作業をされる際に、キーボード打つ時に脇が開いてしまったり・画面に近づくように
顔がどんどん前に出ます。
この様な姿勢では、肩が上がり・頭は前に倒れ・背中が丸くなり常に前かがみの姿勢となります。
この姿勢は普段は無意識に行っていますが、長時間この姿勢を続けると、かなり身体に負担がかかります。

そこで!
★椅子に深く腰掛け、骨盤を立てるようにキープします。
★脇を軽く閉めると、肩甲骨が少し寄ります。その状態で腕を机に乗せます。
★最後に頭が背骨の真上にくる様なイメージで顎を引いて下さい。
【施術内容】
◆背中の硬くなっている筋肉をほぐすのは勿論ですが、連動している筋肉をほぐすことで、
 より『正しい姿勢』を維持しやすくしていきます。
◆脊骨のクッション性を上げるようにストレッチや運動療法を加え、関節の柔軟性を上げていきます。

◎当院で改善するプラン・メニューは、こちらです

☆今までの姿勢では歳をとって見えていた方、本当の姿勢を取り戻して
若返ってみませんか?まだ間に合いますよ!☆