デスクワークをされている皆様へ


長時間デスクワークをしている方は、まずその姿勢に問題があります。

①座っている姿勢により股関節がずっと曲がったままです。この姿勢により、ももの前に付いている筋肉が萎縮してしまい骨盤を前方に引張ってしまいます。
結果骨盤は前傾してしまい、腰はおなか側へ反り返ってしまいます。
これが、女性の方が気になる『下腹部のポッコリ』現象のひとつです。また、『椎間板ヘルニア』や『すべり症』にもなりやすいです。

②おしり(殿部)は上半身の体重を支えている為、絶えず筋肉は緊張している状態です。
結果おしり(殿部)の筋肉は硬くなり、脚を交差させるストレッチなどをすると引っ張られて痛くなります。
放置しておくと、『坐骨神経痛』に移行します。

③骨盤が歪でいると、普通に座っている姿勢でも左右どちらかに体重が偏ってしまいます。
結果、体重の偏ってかかっている側の筋肉が緊張して“凝り”ができてしまいます。これを『腰痛』と言います。
このような状態が続くと、左右の脚の長さが変わってしまいます。

④イスに浅く腰掛けている方は自然と腰が反り、背中(背部)が丸くなります。『ぎっくり腰』の原因になります。
※イスには、なるべく深く腰掛けて足元には何か脚を乗せられる台を置きましょう。そうすることにより骨盤と腰椎の位置関係が良い状態に保たれるからです。

⑤目線が下になることで、重い頭は絶えず前に傾きます。
細い首は一生懸命支えようとするので首周りの筋肉は緊張してしまいます。
結果、『寝違え』になり易くなります。

⑥両腕は内側にねじれてしまう事により、背中は丸くなり胸は開かなくなり呼吸も自然と浅くなります。
結果、体全体にいつも無意識に力が入っている状態になります。そして『肩凝り』が出来上がるのです。

まだまだ、日常の姿勢でなっている原因は色々とあります。これをきっかけに皆さんも気にかけてみると、ご自分の体の予防になりますよ。